この記事の目次(クリックで項目へジャンプします)

回遊率の意味

回遊率とは1人のユーザーが1回のサイト訪問において、そのサイト内のページをどれだけ閲覧したかの度合いを示したもので、総PV数/総訪問数で表します。

回遊率が高いということは、サイト内の一つのページに限らず複数のページに対し、ユーザーが興味を抱いている、他ページへの移動をうまく誘導できているというように考えることができます。

回遊率に影響する「直帰率」

回遊率に関係してくる数値として「直帰率」が挙げられます。直帰率とは1回のサイト閲覧において1つのページのみ閲覧し、サイト内の他のページへ移動することなくブラウザを閉じてしまったり、他サイトへ移動してしまったユーザーの割合をいいます。この直帰率を改善し、同一サイト内での移動を増やす(PV数を増やす)ことで回遊率の改善を見込むことが可能です。

回遊率を上げるための施策

直帰率を下げ、回遊率を上げるためには下記の項目をチェックしましょう。

  • ユーザーが検索したワードとページのコンテンツが一致しているか
  • コンテンツの内容がユーザーの課題を解決する充実したものになっているか
  • 他のコンテンツへの誘導が行える導線設計がなされているか

これらをクリアするにはユーザーの視点でコンテンツ作成とタイトル付けを考えることが重要です。また、ユーザーがページを読むときの動線を考慮し、記事の終わり部分や中部に関連ページへのリンクを貼ることで、別ページへ誘導するきっかけとなり、回遊率を上げるきっかけになります。

例えばネットショップの場合、関連商品を示すことで回遊率も上がり商品購入も増える等が望めるなど、PDCAサイクルを通して検証を繰り返し数値を上げていくことが重要でしょう。