• twitter
  • facebook
  • はてブ
  • pocket
  • feedly

編集部モモイ

ADVERTISE JOURNAL編集部です。ウェブマーケティングや気になるトピックス、はたまた巷の気になる情報をお届けします。

採用情報

簡単にブログやサイトが作成できるCMSとして人気の高いWordPress(ワードプレス)。WordPressはテーマと呼ばれるサイトのテンプレートが無料で多く配布されているので、サイトをイチから組み立てることをせずとも利用する事ができます。

世界的にシェアの高いCMSであるWordPressだからこそ、このテーマは膨大に配布されています。中には「これ無料でいいの?」と思ってしまうようなカッコイイテーマも多いです。

 

また、SEO対策に重点を置いたテーマも多く出ています。

そこでこの記事では、WordPressでブログやサイトを構築するときに知っておきたい、SEOに強いWordPressテーマを選ぶときのチェックポイントについて詳しく解説しています。また、SEOに強いと評判にWordPressテーマをいくつか厳選して紹介しているので、テーマ選びに頭を悩ませていた方はあわせてチェックしてくださいね。

SEOに強いWordPressテーマを選ぶときのチェックポイント

まずはWordPressテーマを選ぶときにチェックするべきポイントについてみていきましょう。今回紹介するポイントはSEO的に非常に重要なポイントになってくるので、WordPressテーマを選ぶときには必ずチェックするようにしましょう。

モバイルに対応しているかどうか

スマホやタブレットの登場により、Webサイトはこういったモバイル機器への対応が必須になってきました。パソコンでもタブレットでもスマホでも快適に閲覧できるよう、レスポンシブ対応のサイトが当たり前になってきたということですね。レスポンシブ対応ができていないサイトの場合、表示崩れが起きたりコンテンツが極端に小さくなってしますといった現象がおこります。

 

表示速度が速いかどうか

WordPressテーマを選ぶときは表示速度にも注目しましょう。表示速度もユーザーの離脱の原因の一つになりえます。コンテンツを表示するのに3秒以上時間がかかってしまうと、ほとんどのユーザーが離脱してしまいます。それほど表示速度は大切な要素だということです。

パンくずリストなどユーザビリティーが優れているかどうか

ユーザーが利用しやすいユーザービリティーの優れたテーマかどうかもチェックするべきポイントの一つです。ユーザーが使いやすいサイトを作成できるテーマかどうかに注目して選びましょう。

HTML5に準拠した構築がなされているか

WordPressをこれから使ってみるのであれば、HTML5に準拠したサイトにしたいところです。またSEOの観点からもHTML5に準拠しているかどうかは重要なポイントです。

構造化データマークアップがなされているか

構造化データマークアップは現時点ではSEOの評価対象ではありませんが、今後評価に加わる可能性が高いものの1つです。対応がされていないよりは、されているテーマの方が良いのは確実です。

構造化データとは

構造化データとは、HTMLでマークアップされた情報が何を意味するのかを、クローラーが理解できるようにタグ付けしたものを指します。あるWebページのある文字列を見たときに、その単語が名詞なのか動詞なのか人間には理解できても、クローラーにとっては理解に困難が生じます。この問題をクリアするため、あらかじめ定義されたフォーマットに沿って、クローラーにも文字データを理解できるように構造化してマークアップしたものが構造化データです。

プロモニスタより引用

SEO対策に重点が置かれた、おすすめWordPressテーマ

次に、SEOに強いおすすめのWordPressテーマをいくつか厳選して紹介していきたいと思います。どのテーマも、先ほど紹介したポイントをしっかりと意識して作られているテーマなので、非常にSEOに強いサイトを構築することができます。ただし、全て試したわけではありませんので、皆さんも使ってみて

Gush

GushはSEO対策やWordPress関連情報で有名なブログNaifixから生まれたテーマです。カスタマイズ前提で設計されているテーマで非常にシンプルなものになっています。

 

「Gush」ダウンロードサイト

http://gush.naifix.com/

 

SANGO

サイトに訪れたユーザーの心地よさを追求して作られたWordPressテーマ『SANGO』。グーグルが推奨しているマテリアルデザインを取り入れて制作されたテーマで、非常にユーザビリティーに優れたテーマです。また、公開されているWordPressテーマの中でも抜群の表示速度を誇っている点もSANGOの魅力の一つです。

 

「SANGO」ダウンロードサイト

https://saruwakakun.design/

 

Xeory

Xeoryはコンテンツマーケティングに関する良記事で有名なブログバズ部からリリースされているWordPressテーマです。シンプルなデザインながらもバズ部の運営ノウハウが活かされたSEO対策がなされています。

 

「Xeory」ダウンロードサイト

https://xeory.jp/

 

STINGER

SEOに強いWordPressテーマといえば『STINGER』と言われるほど有名なテーマです。SEO対策に適した内部構造はもちろん、サイトを訪れたユーザーが迷わずに欲しい情報を手に入れることができるように設計されています。また、別途料金が必要になってしまいますがタグ管理が簡単になるプラグインやSEO対策の効果を高めるA/Bテストツールなども提供されています。

 

「STINGER」ダウンロードサイト

http://wp-fun.com/post-1343/

 

賢威(有料)

SEOやWebライティングの世界に少しでも触れたことのある人なら誰でも知っている、松尾茂起(まつおしげおき)さんの会社から発売されているWordPressテーマ、『賢威』。長年SEO業界で活躍してきている方が作成したテーマだけあって、とことんSEO対策のことを考えて作り込まれたテーマです。ただし有料で24,800円で販売されています。

 

「賢威」ダウンロードサイト

https://rider-store.jp/keni/

 

Googleにきちんと評価されるテーマを選ぼう

SEO対策をおこなうときにチェックするべきWordPressテーマのチェックポイントと、おすすめのテーマについて紹介してきました。今回紹介したチェックポイントは、SEO対策を実施していく上で特に重要なポイントです。レスポンシブ対応、表示速度の高速化、ユーザビリティーを意識した構造設計、これらを意識して作り込まれたテーマを出来るだけ採用したいところです。