• twitter
  • facebook
  • はてブ
  • pocket
  • feedly

編集部モモイ

ADVERTISE JOURNAL編集部です。ウェブマーケティングや気になるトピックス、はたまた巷の気になる情報をお届けします。

採用情報

この記事は2017年11月30日に最新情報が追記されています

オウンドメディアやWEBサイトの「常時SSL化」は完了していますか?少し前まではお問い合わせや資料請求ページなど、お客さまの個人情報を扱うページだけSSL化しているかたちが一般的でしたが、最近では全てのページをSSL化するのが一般的になりつつあります。というわけで今回は、常時SSLの仕組みとWEBサイトを常時SSL化するメリットについて説明していきます。

そもそも「SSL」ってなに??

SSLについて

SSLは「Secure Sockets Layer」の略称で、インターネット上でのデータの送受信を暗号化する仕組みのことです。SSLの仕組みによってメールアドレスや電話番号などの個人情報を暗号化して送信することができるようになり、ハッキングなどを行う悪意を持つ第三者から大切な情報を守ることが可能になります。SSLを実装していない場合、送信するデータの盗聴や改ざんが簡単に行われてしまうためセキュリティー面でのリスクが大幅に高くなります。

 

ちなみにサイトやページをSSL化すると、アドレスの一番最初に表示される「http://」という文字列が「https://」に変化します。もし万が一、自分のサイトでお客様の情報を扱うページが「http://」のままになっている場合は早急に対応を進めましょう。

「常時SSL化」ってどういうこと??

常時SSL化について

常時SSL化はWEBサイトの一部のページだけではなくサイト全体をSSL化する仕組みになります。お問い合わせページや資料請求ページなど、お客様が情報を入力するページだけSSL化するのではなく、サイトのトップページや会社概要など全てのページをSSL化して、常にSSL接続でサイトを閲覧してもらうための仕組みになります。

常時SSL化がトレンドになっている理由

常時SSL化_トレンドの理由

これまでのような部分SSLではなく、サイトを常時SSL化(サイトの全ページをSSL化)する流れが強くなっている一番の理由は部分SSLだとセキュリティーが不十分だからです。いままでのようにユーザーが個人情報を入力するページだけSSL化しても、仮にそれ以外の入り口となるTOPページなどが、悪意のある第三者に、デザインはそのままに内容だけ書き換えられてしまいます。

 

そしてそのままユーザーはそれに気がつかないうちにページを遷移し、個人情報を入力してしまいます。こういった事態を未然に防ぐために、個人情報を入力するページだけではなくサイト全体のセキュリティーを高める常時SSL化が必要とされています。

常時SSL化するメリットについて

常時SSL_メリット

サイトのセキュリティー強度を高めてユーザーが入力するデータを安全に保護することが常時SSL化の一番のメリットですが、常時SSL化には他にもたくさんのメリットがあります。

初めてWEBサイトにアクセスするユーザーに安心を提供できる

常時SSL化のメリット_ユーザーへの安心

こちらはセキュリティーの強度を高めるという点とも関連するのですが、常時SSL化を行えばTOPページにアクセスした段階から上の画像のように左上のアドレスバーに鍵マークが表示されるため、データの暗号化ができている事・ドメインの実存を第三者によって証明されている事の2つをユーザーに伝えることができます。

 

またTOPページだけではなく、Googleの検索結果のページでもサイトがSSL化されている場合はアドレスが「https:://」の表示になるため、ユーザーがサイトにアクセスする際に判断しやすくなります。

SEOの観点からも効果がある

常時SSL化のメリット_SEO

常時SSL化はセキュリティーやユーザーの安心につながるだけでなくSEOの面でも効果があるといわれています。GoogleではSSL化されたサイトを優遇することを公式にお知らせしていて、常時SSL化を行うだけで検索順位にもいい影響があるとされています。

Googleでは過去数か月にわたり、Googleのランキングアルゴリズムでのシグナルとして、暗号化された安全な接続をサイトで使用しているかを考慮に入れたテストを実施してきました。この実験ではよい結果が得られているため、ユーザーがもっと安全にサイトを閲覧できるよう、すべてのサイト所有者の皆様にHTTPからHTTPSへの切り替えをおすすめしたいと考えています。

HTTPSをランキングシグナルに使用します / GoogleWebマスター向け公式ブログより

HTTP2への対応が可能になる

常時SSL_HTTP2

最後はユーザーの利便性にもつながるポイントで、常時SSL化を行えばWEBサイトの表示速度を向上させるHTTP2という仕組みにも対応できるようになります。最近はPCよりも断然スマホからのアクセスの方が多いので、WEBサイトの表示速度改善はサイトの運用を行っていくうえでとても大切な要素になります。

できるだけ早急にWEBサイトの常時SSL化を進めましょう

常時SSL化対応 

常時SSL化を行うだけで大幅に検索順位が上昇するということはないようですが、ユーザーさんに安心してWEBサイトを利用してもらうために大切なのはもちろん、常時SSL化を行うことにはトータルでみてたくさんのメリットがあります。

 

もしもまだ自社のWEBサイトが対応できていなく他に大きな優先事項がない場合は、できるだけ早急に対応を進めていきましょう。WEBサイトを常時SSL化する方法ついてはこちらの記事を参考にしてみてください。作業をすすめる際の全体の流れについて説明しています。
WordPressで作成したWEBサイトを常時SSL化する際の流れについて