• twitter
  • facebook
  • はてブ
  • pocket
  • feedly
採用情報

この記事は2019年3月19日に最新情報が追記されています

Google広告を利用されている方で、Google広告が表示されなくなったことはないでしょうか。いつの間にか復活して、広告が表示されるようになったというだけでは、再度同じことになった場合に対策が出来ません。ここでは、Google広告が表示されなくなった場合の原因と解決方法をご紹介していきます。

Google広告が表示されていない理由として考えられるもの

まずは、Google広告が表示されなってしまった場合に考えられる理由から見ていきましょう。

支払い残高が0円になっている

Google広告が表示されなくなった理由で一番に考えられるのは「残高0円」です。

Google広告では手動で入金するタイプとクレジットカードによる自動支払いとのタイプがありますが、基本的には残高0円にならないように、クレジットカードによる自動支払いがおすすめです。

ご利用可能なお支払い方法

・クレジット カードとデビットカード
・銀行振込
・コンビニエンス ストア、Pay-easy(ペイジー)
・予備のクレジット カード

予算上限に達している

Google広告は一日当たりの予算を決める設定があります。

予算を低く設定しすぎるとすぐに予算に達して広告が表示されないケースがあります。

品質が悪く表示されない

Google広告では、入札形式の金額の面だけではなく広告とリンク先のサイトの整合性など品質も影響します。そのため、広告で掲載されている内容と、テキストやリンク先のサイトとの整合性などから品質が悪く表示されないというケースが考えられます。

入札金額が低くて表示されない

入札金額が低くても広告が表示されないケースがあります。

キーワードごとに入札単価の目安が決まっており、その目安を大きく下回るような入札金額の場合は、競合に負けて広告表示がされない場合があります。

審査に通っていない

Googleが掲げるルールに従っていないことや、キーワードと内容の整合性が無く品質が悪いものなどは広告表示の審査に通らない場合があります。

そもそも検索されていない

広告の内容や入札金額、その他の設定がしっかりできていたとしても、検索ボリュームが極端に低いなどと言った場合、そもそも対象者が少なく検索がされないということも考えられます。

終了日を設定してしまっている

見落としてしまいがちなのが終了日の設定です。

終了日を設定していることでその終了日以降には広告を表示させることが出来ません。

広告プレビューと診断ツールで確認しよう

広告プレビューツールとは、Googleの広告が表示されなくなった場合に、Googleアカウントの中で原因を特定することが出来るツールです。

広告プレビューツールを使うことで、自分たちで自社サイトを検索しなくてもプレビューをすることが出来ます。

広告プレビューと診断ツール

このツールは、広告または広告表示オプションが表示されない場合に、アカウント内で理由を特定するのに役立ちます。また、特定の語句の Google 検索結果ページをプレビューすることもできます。これにより、設定したキーワードの検索で、どの広告と広告表示オプションが掲載されるか把握できます。検索語句と、言語や地域などの条件を入力すると、その条件でお客様の広告がユーザーに掲載されるかどうかを確認できます。
Google広告ヘルプ

Google広告が表示されなかった際の解決方法

広告が表示されなかった時の解決方法を見ていきましょう。

入金する・自動支払いにする

残高不足の場合は、とりあえずは今利用する分を入金し、それ以外はクレジットカードによる自動支払いにすると良いでしょう。また、予備のクレジットカードを保険として登録しておくと安心です。

予備のお支払い方法を設定する
自動支払いをご利用の場合は、メインのクレジット カード(または、国によっては銀行口座番号)を指定する必要があります。問題があった場合の保険として、予備のクレジット カードを追加することもできます。なんらかの理由でメインのお支払い方法が使用できなかった場合も、予備のクレジット カードに請求が行われ、広告掲載を続けることができます。
Google広告ヘルプ

予算の上限を変更する

予算の上限を下げてしまっていた場合には、すぐに上限を上げて費用対効果が検証できるようにしましょう。Google広告は予算が低ければ良いというものではありません。適正な費用を理解し、効果を高めていきましょう。

品質が良くなるようサイトの内容、もしくは広告の内容を変更する

Google広告の品質スコアが悪い場合、品質が良くなるようにサイトの内容を変更したり、広告の内容を変更したりすると良いでしょう。

入札単価を上げる

入札単価が低くて、競合に負けてしまっている場合は、入札単価を上げることも検討しましょう。しかし、入札単価も高ければ良いというものではなく、しっかりと品質も高めていきましょう。

検索されるキーワードに変更する

検索キーワードをあまりにもニッチなものにしてしまうと、母数が低いためコンバージョンに繋がりにくいと誰もが思うでしょう。

しかし、検索キーワードは検索されやすければ良いというものでなく、リンク先のサイトの内容などを見ながら判断していく必要があります。

終了日設定を変更する

万が一、終了日設定をしていた場合には、終了日設定を変更することで、広告が掲載される場合があります。

終了日は、広告掲載を終了するのはいつかという設定で、これが設定されていると、自動的にその時間になると広告が表示されなくなります。

まとめ

ここまで、Google広告を利用されている方に向けて、Google広告が表示されなくなってしまった場合の原因と、解決方法をご紹介してきました。

Google広告を運用していると、広告表示がされないときが来るかもしれません。そのような時には、今回ご紹介した原因となりそうなものをつぶしていきながら、広告が表示されるようになるまで原因を解明していくと良いでしょう。

インターネットを利用した集客活動は、他の販促媒体に比べ、多くの個人や企業によって利用されています。デジタル広告の良さとしては、アナログの広告と比べて瞬時に変更などが可能になっています。

改善を繰り返してより効果の高いデジタル広告を利用していくためにも、デジタル広告の利点を活かし、新たな集客活動を始めてはいかがでしょうか。